Forguncy導入前の業務

  • 包材の入荷/出荷のデータを基幹システムで確認し、各包材の在庫保管場所や発注金額などをExcelシートに入力して管理
  • 毎月の在庫状況のレポートもExcelで作成して報告

入荷、出荷のたびに基幹システムを目で見て確認してExcelに入力しなおすのが大変で、転記間違いにより在庫との数が合わないといった課題がありました。

Forguncyを導入すると

基幹システムのデータを直接参照するサブシステムとして在庫管理システムを構築します。 基幹システムを改修しなくても入荷データと出荷データをForguncyで参照できるようになるため、目視で転記しなくてすみます。数量が合わないということも少なくなります。 使い慣れたExcelをそのままアプリの画面として利用でき、すぐにシステムになじめます。

Forguncyをもっと良く知る

Back to top