Q1 Forguncyではどんなアプリケーションがつくれますか?

ForguncyでつくれるアプリケーションはWebブラウザで実行されるWebアプリケーションです。
企業内の各種申請や出退勤、日報や週報といったシステムや、また、基幹システムでは対応できない現場の細かな要件を満たすサブシステムなど、アイデア次第で多種多様なアプリケーションの作成が可能です。

Q2 Forguncyでアプリケーションをつくるにはデータベースの知識が必要ですか?

専門的な知識は不要ですが、アプリケーションを作るためにデータベースの基本的な概念の理解は必要になります。
また、SQL文の知識がなくてもアプリケーションは作成できますが、データベースをより効率的に利用するための一部の機能にはSQL文を使うものもあります。
データベースの基本的な知識は、Forguncyのオンラインヘルプの「データベースの基礎知識」にも記載されています。

Q3 評価期間が終了してしまったのですが、再評価できますか?

評価版は90日間の期限が設定されておりこれを延長することはできないため、同じコンピュータで繰り返し評価を行うことはできません。

Q4 評価版で作ったアプリケーションやデータはどうなるでしょうか?開発ライセンスを購入すれば使えますか。

評価版で作ったプロジェクトやデータには使用期限は設定されていませんので、開発ライセンス購入後ご利用いただくことができます。

Q5 作ったアプリケーションを運用(利用)するには何が必要ですか?

Webアプリケーションのためユーザーが利用するコンピュータにインストールするのではなく、サーバーコンピュータ上に配置することになります。アプリケーションの配置はForguncyの「発行」機能で簡単に行えます。なお、アプリケーションを運用するには運用ライセンスが必要になります。

Q6 アプリケーションを複数作ったのですが、アプリケーションの数だけ基本サーバーライセンスは必要ですか?

Forguncy ServerにはForguncyで作成した複数のアプリケーションを運用することができます。そのため、1つのForguncy Serverで複数のアプリケーションを運用する場合に必要な基本サーバーライセンスは1つです。 同時接続ライセンスは、Forguncyサーバーに同時にアクセスする人数分が必要となります。 同時接続ライセンスに関する詳細は、「同時接続ライセンスに関するよくある質問」をご参照ください。

≫ 同時接続ライセンスに関するよくある質問

Q7 開発ライセンスだけでアプリケーションを実行できないのでしょうか?

開発環境(Forguncy Builder)では、作成したアプリケーションをデバッグ実行することで動作を確認することができます。
運用環境(Forguncy Server)に配置してお試しいただく場合、運用ライセンスがない環境でも評価目的に限りアプリケーションを配置することができます。ただし、Forguncy Serverをインストールした日から90日経過するとアプリケーションは起動できなくなります。

Q8 仮想環境にForguncy Builderをインストールして複数人で使用する場合に必要なライセンス数を教えてください。

仮想環境や共有のコンピュータにForguncy Builderをイストールして利用する場合、インストールするコンピュータが1台であっても、Forguncy Builderを利用するコンピュータが複数台ある場合は、使用する台数分のライセンス等が必要となります。

Q9 Forguncyで作成したWebアプリケーションを使用する時にExcelは必要ですか?

ForguncyのExcelファイルをエクスポートする機能は、Microsoft Excelを使用していません。そのため、Excelファイルのエクスポート機能の使用有無にかかわらず、Forguncyをインストールしてアプリを開発する環境、開発したアプリケーションを配置する環境(サーバーコンピュータ)、その両方においてMicrosoft Excelがインストールされている必要はありません。

Q10 Forguncyの使い方でわからないことはどこに聞けばいいですか?

ご質問の内容やお客様の状況に応じて下記の窓口を用意しています。
Forguncy導入のご相談
Forguncy導入に関するご相談、評価版の使い方や製品仕様など、お気軽にお問い合わせください。

テクニカルサポート(導入後の技術サポート)
Forguncy導入後の技術的なご質問にお答えします。テクニカルサポートのご利用には保守サービスのご契約が必要です。ご利用方法の詳細は下記ページをご覧ください。

Back to top