Excelを使った業務が抱える問題

Excelはビジネスの現場に深く浸透しており、Excelの存在なくしては業務が立ちゆかないという企業も多いでしょう。ビジネスに変化があった時、その変化を基幹系システムで吸収するのは現実的ではありません。そのため、業務担当の多くはギャップを埋めるためにExcelを使って情報管理することになります。

Excelは本来の目的である「表計算ツール」の枠を超え、このように業務管理にも使われる優れたツールです。しかし、根本的には表計算ドキュメントという事実は変わりません。そのため、活用の範囲や規模が広がるほどさまざまな課題が出てきます。

シート内のデータ改変は誰でも簡単にでき、コピーも自由にできるため、最新データが不明になってしまうことは往々にしてあります。自由に加工できることは、用途によってはメリットですが、業務システムとして考えた場合、適切な制限や制約がないとトラブルのもとになり、統制が効かないビジネスを生み出してしまうおそれがあります。

課題

なぜForguncyなのか?

Forguncy_オススメな方

業務に統制を持たせ、トラブルを減らすには、一般的にはシステム化によって改善を試み、業務効率化が図られます。しかし、一からシステム開発するには時間、スキル、新たな技術の学習が求められます。それらの時間を生み出せるIT技術者はあまり多くありません。過去にVBなどで社内の業務システムを開発していたが、Webシステムの開発経験がないといった中級レベルの開発者も多いのではないでしょうか。

この問題を抱えている方には、Forguncyが適合します。プログラミングするよりも簡単に、素早く業務システムを形にすることができます。また、Forguncyは基幹システムそのものを作るのではなく、基幹システムと現場業務のギャップを埋めるサブシステムの構築に適しています。

Forguncyの画面設計は、Excelの操作性を再現しているため、直観的に使うことができ、Excel関数も使えます。多くの人にとって身近なExcelの知識、スキルがそのまま活用できます。これは、新しいツールを使う際にコストとなる学習を最小限に抑えることを意味します。
また、Forguncyはデータベース設計が柔軟に行えるのも特長です。世の中のノンプログラミングの開発ツールには、データベースの概念を隠ぺいし、データベース構造を意識することなく容易にシステムを作成できるものも数多くあります。しかし、このようなツールは業務データを整理し最適化することで業務全体の効率化を行うというチャンスを奪ってしまうという側面もあります。
Forguncyはデータベース設計を行えるため、データの構造を適切に定義でき、長期間運用しても業務として破たんしないシステムの構築が可能です。

  • ノンプログラミングで素早くシステムを作って運用が可能
  • Excelの知識・スキルを活用できるので学習コストが低い
  • 適切なデータ設計により業務として破綻しないシステム構築が可能

作りながら、試しながら、見直しながら

業務システムの目的は、作ることではありません。実際に利用者に使ってもらうことで目的を達成できます。たとえ、UXにこだわり、理論的に裏付けされた優れたシステムを作り上げたとしても、利用者にシステムを使ってもらい、定着しなければ意味がありません。

Forguncyは、実際に動くものを作るまでが早く、利用者とイメージを共有しながらシステムを作り上げることができるツールです。なぜならForguncyは、Excel感覚でアプリケーションのページを作成でき、利用者が望む画面をすぐに作って見せることができます。もしくは、Excelを取り込んで、これまで業務で使っていたExcelと見た目に変わらないレイアウトを再現することも容易です。

このときExcelという共通理解が、開発者と利用者のコミニュケーションを助け、利用者の意見を取り入れやすいという特長もあります。

作ったところから利用者に見てもらい、意見を吸い上げながらシステムを完成させることができます。このようにして作成したシステムは利用者の抵抗感が少なく、現場に定着しやすいシステムとなります。
システム作成側にとっても、早いタイミングでのレビューの機会が増えるため、手戻りが減り開発期間の見通しが立ちやすくなったり、納品後のトラブルが減るというメリットがあります。

  • 動くものを作るまでが早く成果物のイメージを共有しやすい
  • Excelという共通理解がコミュニケーションを助ける
  • 大きな手戻りがなく、現場の定着度の高いシステムを作り出せる

Forguncy で業務改善しよう

Back to top