2020.04.15

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、5月29日にノーコードでWebアプリ開発&運用ができるツール「Forguncy®︎(フォーガンシー)」に70以上の新機能を追加した新バージョン「Forguncy 6」を発表します。

ニュースリリース メインビジュアル

近年の働き方改革やIT環境の変化により業務システムの見直しを検討している企業が多く、社内独自の業務管理はパッケージ化されたツールへの移行が難しいのが現状です。
Forguncyはそんな業務システムを柔軟に構築できるWebアプリ開発ツールとして2014年10月に発売しました。Accessと同じようにリレーショナルデータベースを内蔵、外部のデータベースとも連携が可能です。また、画面はExcelの操作性を提供し、業務ロジックはノーコードで設定できるコマンドとExcel関数を使って構築するため簡単にオリジナルのシステム開発ができるとして多くの企業に導入されています。

このたび発売するForguncy 6では自社に合わせたサブシステムを短期間で開発できるよう、既存の基幹システムとCSVを介してデータベース連携を行える機能やForguncyの「Excelライクな画面作成」で複雑な帳票をデザインできる機能を追加しました。これにより既存データの有効活用やAccessで作り込んだシステムの置き換えニーズにも十分に応えます。また、Excelのようなクロス集計型の入力画面や異なるシステム間のデータベースをForguncy上で結合したビュー(一覧)を表示できる機能など現場業務の負担を軽減する改善を数多く行なっています。

ライセンス価格は1開発ライセンス(Forguncy Builder Pro)が172,000円。運用ライセンスは最小構成(Forguncy Server基本ライセンス及び5同時接続追加ライセンス)で820,000円です。
※税別価格

Forguncy 6の新機能

あらゆる外部データとつながる「データ連携」

Forguncyにはデータ連携ツールを使わずにSQL Serverなどのデータベースと接続する機能を内蔵しています。Forguncy 6では「サーバーサイドコマンド」の追加により直接接続できないシステムでもCSVを介してデータ接続が行えるようになりました。これらの異なるデータベースのテーブルをForguncy上で結合・集計し、既存のデータを活用した新たなシステム構築も可能です。

Accessのように多彩なデータを連携

業務自動化を実現する「サーバーサイドコマンド」

これまではコマンドを実行するには手動で操作する必要がありましたが、サイバーサイドで自動実行することが可能になり、他システムとCSVを介したデータ連携など作業負担を軽減した業務自動化を実現できるようになりました。

サーバーサイドコマンド

多様なレイアウトを実現する「帳票機能」

Forguncyの「Excelライクな画面作成」を帳票レイアウト作成にも活用することができます。画面を作る感覚で本格的な帳票作成が可能です。改ページ機能でページごとに異なるレイアウトを作成したり、繰り返し表示する部分を設定して可変明細帳票を作成したりといった多様な帳票レイアウトを実現する機能を追加しています。これにより、Accessで管理していた請求書管理など帳票を使った業務のシステム移行がスムーズになります。

帳票一覧_ニュースリリース

現場の入力作業をサポート「スケジュール入力表」

Excelを使ったデータ管理ではクロス集計表のような形式で時系列のデータを表示・入力することが多いです。しかし、利活用するにはテーブル型のデータとして格納する必要がありシステム移行の際には入力の視認性や操作性が損なわれていました。「スケジュール入力表」はマトリックス形式の入力画面で入力したデータがテーブル型形式に変換して格納されるので、集計やレポートなどのデータ活用ができます。

ピボットテーブル

無償バージョンアップ対応

Forguncy 4以前のバージョンを利用中で、期限内の保守更新ライセンスを所持するユーザーは、Forguncy 6の無償バージョンアップが可能です。詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Back to top