第1条(フォーガンシー 保守サービス規約の適用)

グレープシティ株式会社(以下「当社」といいます)は、このフォーガンシー 保守サービス規約(以下、「本規約」といいます)に基づき、お客様に対しForguncy保守サービスを提供します。

第2条(定義)

本規約においては、次の定義が適用されます。

  1. 「お客様」とは、別途定める本ソフトウェアの「Forguncy Builderライセンス ソフトウェア使用許諾契約書(文書番号:GCESC181101)」または「Forguncy Serverライセンス ソフトウェア使用許諾契約書(文書番号:GCESC181102)」(以下、総称して「使用許諾契約書」という)に同意し、本ソフトウェアおよび登録情報を当社所定の手続きで登録した本サービスの利用者をいう。
  2. 「本ソフトウェア」とは、当社がお客様に提供する製品のうち、当社のウェブサイトに本サービスの対象製品である旨の記載があるForguncyの「開発ライセンス」および「運用ライセンス」をいう。
  3. 「本サービス」とは、本規約に基づき、当社がお客様に提供するテクニカルサポート、フリーアップグレードおよび修正ソフトウェアならびに同時接続アップデートをいう。
  4. 「テクニカルサポート」とは、本ソフトウェアに関する事象(お客様が作成したプログラムのデバッグおよびお客様の要望を満たす仕様を実装したサンプルプログラムの作成を除く)について、当社からお客様に対して行う技術的な支援、助言または情報提供をいう。
  5. 「フリーアップグレード」とは、お客様が使用中の本ソフトウェア(以下、「使用バージョン」という)のバージョンアップ版と定める本ソフトウェア(以下、「新バージョン」という)を当社が発売した場合における当該新バージョンの使用権をいう。
  6. 「修正ソフトウェア」とは、使用バージョンに軽微な機能強化および不具合修正を適用した本ソフトウェア(以下、「修正バージョン」という)を当社が公開した場合における当該修正バージョンの使用権をいう。
  7. 「同時接続アップデート」とは、本ソフトウェアに同時にアクセス可能な、ウェブブラウザなどのアプリケーションの接続数の総数(以下、「同時接続数」という)を、お客様が所定の手続きを行うことにより増減できる権利をいう。
  8. 「ライセンスキー等」とは、当社がお客様に本ソフトウェアの使用権を許諾したときに当社がお客様に提供するもので、その名称・提供形態に関わらず、数字列または英数字の組み合わせたものをいう。
  9. 「登録情報」とは、個人情報、ライセンスキー等のアカウント登録に関わる情報をいう。
  10. 「諸問題」とは、本ソフトウェアのセットアップ、使用方法、仕様または制限事項、不具合に関する問題をいう。
  11. 「契約期間」とは、当社が、お客様に本サービスの利用を許諾した期間をいう。
  12. 「入手」とは、お客様が当社から本ソフトウェアを使用するために必要なライセンスキー等の提供を受けることをいう。

 

第3条(本サービスの利用条件等)

  1. 当社は、お客様が本ソフトウェアまたは当社のウェブサイトのいずれかに記載された環境で本ソフトウェアを使用している場合に限り、次の各号に定める条件のもと本サービスを提供します。
    (1)テクニカルサポート
        (イ)第6条(契約期間と更新)第1項に定める契約期間内に、当社が諸問題の範囲を超えないと判断し、受付を完了した問い合わせを対象とします。
        (ロ)回答期日の指定は、お受けできません。
    (2)フリーアップグレードおよび修正ソフトウェア
        (イ)第6条(契約期間と更新)第1項に定める契約期間内に、当社所定の手続きを行ったお客様を対象とし、お客様は、新バージョンまたは修正バージョンを適正に入手するものとします。
        (ロ)許諾期間は、新バージョンおよび修正バージョンを入手した日から、使用許諾契約書に基づく使用許諾期間の終了日までとします。
        (ハ)フリーアップグレード許諾後、使用バージョンの使用権は失効するものとします。
    (3)同時接続アップデート
        (イ)第6条(契約期間と更新)に定める契約期間内、且つ、本ソフトウェアのうち運用ライセンスを使用中のお客様を対象とします。
        (ロ)契約期間内に、当社が受付を完了した手続きを対象とします。
        (ハ)同時接続数を増やす場合には、予測する同時接続数を上回る数で、追加の使用権を入手するものとします。
        (ニ)同時接続数の増減に伴う本サービスの利用料は、第7条(利用料と支払条件)第6項に規定します。
        (ホ)同時接続数を変更した場合でも、契約期間の終了日は変わらないものとします。
  2. 本サービスの内容は次の各号に定めるとおりとします。
    (1)テクニカルサポート
        (イ)その受付から提供まで、当社の判断により電子メール、当社のウェブサイトもしくはサーバーのいずれかを通じて、当社の営業時間内に、日本語で行います。
    (2)フリーアップグレードおよび修正ソフトウェア
        (イ)新バージョン、および、修正バージョンを提供します。
        (ロ)フリーアップグレード許諾後において、本規約における本ソフトウェアは新バージョンを指すものとします。
    (3)同時接続アップデート
        (イ)許諾されている同時接続数を、回数制限なく増加または削減することができます。

第4条(テクニカルサポートの完了)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、テクニカルサポートの完了とみなします。
    (1) テクニカルサポートの提供から10営業日が経過しても、お客様から何らの返答も得られないとき。
    (2)諸問題の解決および回避ができない場合に該当すると当社が判断したとき。
    (3)お客様から諸問題が解決した旨の通知があったとき。
  2. 前項の第2号に該当する場合でお客様からの要請があったときは、調査結果または理由を明示するものとします。

第5条(免責等)

  1. テクニカルサポートは、諸問題の解決および回避を保証するものではありません。
  2. 当社は、本サービスの利用に付随または関連して生ずる直接的または間接的な損失・障害などについて、それらの予見または予見可能性の有無にかかわらず一切責任を負わないものとします。
  3. 当社が本ソフトウェアの諸問題の解決または回避のために提供した情報の有効性は、予告なく変更される本ソフトウェアの改良や関わる技術の変化に伴い、その有効性を失う場合があります。
  4. 本条第1項乃至第3項の規定は、当社に故意または重過失がある場合、または、お客様が消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用されません。
  5. 本規約に関して、当社が損害賠償責任を負う場合の賠償額を次のとおり定めるものとします。
    (1)当社が初回契約期間内に賠償責任を負う場合、お客様が当社に本ソフトウェアの対価として支払った総額の10%を限度額とします。
    (2)当社が二回目以降の契約期間内に賠償責任を負う場合、お客様が当社に本サービスの利用料として支払った直近1年間の総額を限度額とします。

第6条(契約期間と更新)

  1. フリーアップグレード、修正ソフトウェアおよびテクニカルサポートの初回契約期間は、当社が本ソフトウェアおよび必要事項を当社データベースに登録した時点から、12ヵ月を経過した日の属する月の末日までとし、当該契約期間の利用は無償とします。
  2. 本ソフトウェアのうち運用ライセンスでは、前項の当該契約期間内に、同時接続アップデートの利用についても無償とします。
  3. お客様は、本サービスの契約期間内に当社所定の更新手続きを行うことで、本サービスの契約期間を12カ月ごとに延長することができます。当該二回目以降の契約期期間の利用料は有償とします。更新手続きを行わなかった場合、契約期間終了後、契約期間を再開することはできません。

第7条(利用料と支払条件)

  1. 当社は、お客様が利用料を支払期日までに支払わない場合、支払期日以降の本サービスの利用を禁止します。
  2. お客様は、利用料の支払い、その他本規約に基づく債務を、消費税法に定める税額を加算したうえで、お客様と当社間で別に取り決めた方法、期日により支払うものとします。
  3. お客様が前項に基づく債務を所定の支払期日が過ぎてもなお履行しない場合、お客様は所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延利息として、利用料その他と一括して、当社が指定する期日までに当社の指定する方法により支払うものとします。
  4. 本条第2項および第3項の支払に必要な振込手数料その他の費用は、お客様の負担とします。
  5. 当社は、利用料を予告なく変更することがあります。利用料の変更通知は、第9条第1項に基づき行われ、変更後の利用料は次回更新手続きをもって延長された契約期間から適用されます。
  6. 第3条(本サービスの利用条件等)第1項第3号に基づき、同時接続アップデートの手続きが行われた場合、同時接続数の変更後の本サービスの利用料に増額があった場合には、当該契約期間内に、当社が取り決めた金額を本条第2項および第3項の規定に従い支払うものとし、変更後の本サービスの利用料に減額があった場合には、既に支払った利用料の全部または一部の返還は行わないものとします。変更後の利用料は次回更新手続きをもって延長された契約期間から適用されます。
  7. 本条第2項にかかわらず、お客様が本サービスの販売を当社から許諾された法人または法人に準ずる団体(以下、「販売店」という)を経由して利用料および関連してその他手数料(以下、「費用」という)を支払う場合は、費用および支払い条件はお客様と販売店の間で取り決めた方法に従うものとします。

第8条(変更、廃止等)

  1. 当社は以下の場合に、本規約および本サービス内容を当社の判断により変更できるものとします。
    (1)本契約の変更がお客様の一般の利益に適合するとき。
    (2)本契約の変更が契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
  2. 当社は、本サービスの全部または一部を、当社の判断において廃止できる権利を有します。
  3. 本条第1項および第2項に基づき本サービスの内容を変更または廃止する場合、当該変更または廃止があった時点において未払いの利用料(第7条第2項に定める更新手続きを行い、かつ支払期日の到来していない利用料を含む)または遅延利息がある場合には、当社が定める日までにこれを支払うものとします。また、お客様は当社に対し、既に支払った利用料の全部または一部の返還を求めることはできないものとします。
  4. 本条第1項および第2条に基づき本サービスの内容を変更または廃止した時点において、お客様の契約期間が残存している場合には、当社は本サービスを当該残存期間満了まで提供するものとします。

第9条(通知)

  1. 当社からお客様への通知は、本規約に特段の定めのない限り、通知内容を電子メール、書面または当社のウェブサイトに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により行います。
  2. お客様は当社からの通知が前項に規定する方法によって行われることを了承し、当該通知を受領するために適宜通知の有無を確認することに同意するものとします。
  3. 前条の規定に基づき、本規約および本サービス内容を変更する場合には、当該変更の日から起算して14日前までに、本サービスの全部または一部を廃止する場合には、当該廃止の日から起算して1ヶ月前までに、電子メール、書面または当社のウェブサイトに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により通知を行います。
  4. 当社が予期し得ない事由または法令・規則の制定・改廃、天災等のやむを得ない事由で、本サービスの全部または一部を廃止する場合において、1ヶ月前までの通知が不能な場合であっても、当社は可能な限り速やかにお客様に対して通知を行います。
  5. 本条第1項および第2項の規定により、本サービスの変更について公開または通知があった場合、お客様は当該変更の日以降に本サービスを利用することにより、変更後の本契約に同意したものとみなします。

第10条(本サービスの提供中止)

  1. 本規約は、使用許諾契約書に基づく契約が終了または解除された場合、当該本ソフトウェアにかかる本サービスの提供を中止するものとします。
  2. 当社は、お客様が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、お客様に対し何らの通知、催告を要せず直ちに本規約の全部または一部の提供を中止できるものとします。
    (1)本規約に違反したとき。
    (2)本規約の履行が困難、または不可能と判断したとき。
    (3)本規約に基づく義務を履行せず、相当期間を定めて書面による催告をした後もなおこれを履行しないとき。
  3. 本条第1項および第2項に基づき本サービスの提供が中止された場合または契約期間が終了した場合、当該中止または終了があった時点において未払いの利用料(第7条第2項に定める更新手続きを行い、かつ支払期日の到来していない利用料を含む)または遅延利息がある場合には、当社が定める日までにこれを支払うものとします。また、お客様は当社に対し、既に支払った利用料の全部または一部の返還を求めることはできないものとします。

第11条(お客様の義務)

  1. お客様は、登録情報に変更が生じた場合、電子メール、お問い合わせフォームを通じて速やかに当社に通知するものとします。
  2. お客様は、登録情報を自己の責任において管理するものとし、第三者による本サービスの不正使用を覚知した場合は速やかに当社に通知するものとします。
  3. 当社は、お客様が本条第1項または第2項の通知を怠ったことにより、当社からの通知の不到達その他の事由により損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第12条(個人情報の取扱い)

  1. 当社は、本規約に基づきお客様の個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいいます)および本サービスに関する問い合わせ履歴、使用環境情報等(以下、総称して「利用履歴」といいます)を取得するものとします。
  2. 当社は、個人情報および利用履歴を、次の各号に定める目的の範囲内でのみ利用するものとします。
    (1)本サービスの使用に関する手続きおよび情報の提供等のため
    (2)本サービスの利便性の向上、品質や内容の改善等を目的とした、利用状況の分析、効果測定および分析を行うため
    (3)その他、お客様に有益と思われる情報、各種ご案内の送付および送信のため
    (4)その他、本契約の履行に必要な業務のため
  3. 当社は、当社プライバシーポリシー( https://www.grapecity.co.jp/about/privacy/ )に則り、お客様の個人情報を第三者に開示または漏えいしないものとするとともに、関連法令を遵守するものとします。

第13条(知的財産権および情報の帰属)

  1. 本サービスを通じて得られた情報・ノウハウなどは、当社に帰属するものとし、お客様の承諾なしに、当社のウェブサイトなどで公開できるものとします。
  2. 本サービスに含まれるすべてのコンテンツ(記事、ソースコード、画像、ソフトウェアなど)の著作権、商標権、およびその他一切の知的財産権は、当社またはその他正当な権限を有する者に帰属し、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律並びに条約によって保護されています。

第14条(禁止事項)

  1. お客様は、当社の事前の承諾を得ることなく、本規約に基づく地位、権利義務の全部または一部を、第三者へ転売、貸借、貸与、譲渡または承継できないものとします。合併、営業譲渡等による包括承継については、承継前のお客様に対し、あらかじめ当社が書面により承諾した場合に限り承継できるものとします。
  2. お客様は、本サービスを通じて当社から取得した技術情報について、複製、販売、出版その他営利目的での利用を行えないものとします。
  3. お客様は、本サービスを通じて当社から取得した技術情報(テクニカルサポートを除く)について、事前に当社の書面による承諾を得た場合を除き、第三者に公開できないものとします。

第15条(期限の利益の喪失)

お客様が第14条に定める禁止事項に該当する行為を行ったと当社が認めた場合、お客様は当社に対する一切の債務について、通知催告を受けなくても当然に期限の利益を喪失し、ただちに当社に弁済するものとします。

第16条(合意管轄)

お客様と当社の間で訴訟の必要が生じた場合には、当社の本社所在地を管轄する地方裁判所をもって合意による専属管轄裁判所とします。

第17条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行および解釈に関する準拠法は、日本国法とします。

第18条(協議等)

本規約に規定のない事項および規定された項目について疑義が生じた場合は、両者誠意をもって協議の上解決することとします。協議の結果、本規約のいずれかの部分が無効となった場合でも、本規約の全体の有効性に影響がないものとします。

第19条(存続条項)

本規約の終了後も、第5条(免責等)、第7条(利用料と支払条件)、第12条(個人情報の取扱い)、第13条(知的財産権および情報の帰属)、第14条(禁止事項)、第16条(合意管轄)に関する事項は有効に存続するものとします。

制定日 2018年11月28日
グレープシティ株式会社

付則
本規約は2018年11月28日より実施するものとします。

Back to top