Forguncyの採用で開発工数8分の1。後回しにしがちなマスタメンテナンスが1週間で完成。

NTTデータ先端技術株式会社様は、信頼性の高いITシステム基盤の設計から開発、保守、運用、コンサルティングを提供するシステムインテグレーション事業のほか、ハードウェアの販売やセキュリティ対策、建築設計や施工監理事業、著作権などの知的財産権に関する事業なども有し、幅広い分野に良質なソリューションを展開しています。

このような幅広い事業を日々支えているのが、同社が自社のビジネスロジックに沿って独自に開発した基幹システム「ビジネスマネジメントシステム:社内呼称BMS」です。このBMSが参照するマスタのメンテナンスにForguncyが利用され、すでに稼働しているとのことで、Forguncy実用事例の第1号とさせてもらうべく、Forguncyチームがお話を伺いに東京の月島にある本社を訪れました。

ご対応いただいたのは、情報システム統括部のシニアプロジェクトマネージャ小高文博様。小高様は千葉大学の工学部で講師としてもご活躍されており情報システムに深い知見をお持ちです。

システム概要

まず、Forguncyが採用されたシステムの概要を教えてください。

当社のすべての事業部の基幹業務を支えている『ビジネスマネジメントシステム(BMS)』というメインシステムです。各事業部の案件管理から見積もり作成、その稟議・決済管理、請求管理、顧客管理まで日々の業務で発生するすべてのタスクをこのシステムで行っています。

そのBMSのマスタメンテナンスにForguncyが採用されていると伺いましたが。

そうです。BMSが参照しているデータベースのマスタメンテナンス画面をForguncyで開発しました。実はここ数年で当社の事業部の数が倍増したため、基幹システムであるBMSそのものの機能追加や修正が頻繁に発生してマスタ管理画面の開発まで手が回らず、SQL Server Management Studioなどで直接、データの追加登録や編集を行っていました。それがひとつの課題となっていたのですが、Forguncyを知ってこれならすぐにでも開発できるのではないかと思いました。

社員マスタ

Forguncyの活用ポイント

Forguncyならすぐに開発できそうだと思った理由は何でしょう?

データベースアプリを簡単に(ノンプログラミング)で開発できそうだと思ったからです。Forguncyは外部データベースとリンクテーブルで直接接続できるので、マスタテーブルをForguncyに接続してデータを編集・削除したり、新規レコードを追加したりする画面を作成しました。

DBスキーマ

マスタメンテナンスはマスタテーブルの新規登録と変更、削除ができればよいので、これだけで基本機能ができあがります。実際ここまでは1マスタあたり30分~1時間くらいで作ることができました。その後、画面の作り込みや調整を行い、全部のマスタのメンテナンス画面を作るのにだいたい、2人の開発者で1週間くらいでした。

1週間とはずいぶん早いですね。Forguncyを使わずに一般的なプログラミング手法で開発した場合と比べるとどのくらいの工数削減になりましたか?

BMSのマスタの数は50くらいです。参照、登録・変更、削除、一覧の画面を開発するとなると50×4=200画面。つまり200本のプログラムを書かなければなりません。工数にすると2人で製造したとして2か月くらいかかる計算でした。それが1週間ほどでできたのですから、約8分の1の工数で済んだことになります。

8分の1ですか!それは私たちもとてもうれしいです。ところで、今回の開発も含めてForguncyを使ってみて最も良いと感じたところはどこでしょうか?

業務アプリケーションの多くは、データベースの登録・変更・削除と参照系の画面作成が基本的な機能なので、これをForguncyで開発できないかと思ったのが最初でした。細かい作りこみが難いという一面はありますが、プロトタイプを作成してユーザーに説明できるところはすごく良いです。画面はExcelと同じようにデザインできますし、一瞬でブラウザに表示できてボタンの動作なども設定できますから。これをASP.NETでWebアプリとしてプログラミングするとかなり時間がかかります。 また、開発環境によってはチームでプロジェクトを共有できず、メンバー全員が開発環境をフルセットで用意しなければ画面や動作を確認できないものがあります。でも、仕様を作ったり要件を検討したりするメンバーにはそこまでの環境は必要ありません。Forguncyならこれを解決できるのも良いですね。

インタビュー

今後に向けたForguncyへの要望

では、逆にForguncyに足りないと感じたところや改善点はありますか?

プログラミングが必要ないことの裏返しになってしまいますが、複雑な機能要件を作りこむ必要がある場合は少し難しいかもしれません。そのあたりはJavaScriptの機能などを評価中なので、もっといろいろ試してみます。それから、接続したデータを一覧形式で表示してデータ操作を行う画面を作るのに「リストビュー」を使いますが、もう少し柔軟性と機能があると良いなと思います。たとえば実行時のリストビュー上のデータをコピー&ペーストできたりできるといいですね。

次期バージョンのForguncyではリストビューが大幅に使いやすくなる予定ですのでご期待ください。今日は、お忙しいところお時間をいただきどうもありがとうございました。

Forguncyをもっと良く知る

NTTデータ先端技術株式会社様について

本社所在地

〒104-0052
東京都中央区月島1-15-7パシフィックマークス月島

主な事業

信頼性の高いITシステム基盤をお客様に提供します。オープン系のITシステム基盤に関するテクニカルコンサルティング、システムインテグレーション、及び製品販売とそのサポートを事業の柱として、お客さまに役立つベストプラクティスを提供することを目指しています。

設立日

1999年8月3日

URL

http://www.intellilink.co.jp/

Back to top