ExcelのWeb化

 

抱えていませんか?誰も手を付けられないExcelシステム

Excelシステムの限界

  • データが○万件あってExcelファイルを開くだけで数分かかる
  • Excelファイルを共有フォルダで運用しているけど同時に編集できない

 

誰もメンテができる人がいない

  • 将来の引継ぎの際に誰もメンテナンスができなくなるのではと不安がある
  • 複雑なマクロやVBAを無数に作ってしまい、作った本人ですらよくわからなくなっている

 

実は、セキュリティ上の問題も感じている

  • 作ったExcelの数式やマクロが誤って変更されないか不安
  • データの信頼性を確保するため、人の目でチェックを行っている

 

ユーザーからの要望に対応するのも楽じゃない

  • 業務で使うデバイスが多様化してタブレットでも使いたいという要望も出ている

 

 

ForguncyでExcel業務をWebシステムへ移行

Forguncy(フォーガンシー)とは?
Excel感覚で、ブラウザだけ使えるWebアプリを手軽に作成できるツールです。
プログラミング経験がなくても業務のシステム化を実現できるため、Excel業務をWebシステムへ移行するのに最適なツールとなっています。

 

ExcelファイルをWebデータベース化できる

Forguncyは既存のExcelファイルを取り込んで、Webの画面として使用できます。この際、使用している数式、関数、書式など、Excelでよく使用する機能のほとんどがそのままWebブラウザー上で再現されるため、これまで使っていたExcelシートの使用感を損なうことはありません。ブラウザのみで使えるデータベースシステムを、Excel感覚で手軽に構築することができます。
 
Excelと同じ書式設定

VBAはもう不要

これまでのExcelシートでVBA(プログラミング)を駆使していたような部分は、Forguncyではコマンドと呼ばれる処理やアクションを実行する機能を組み合わせることで実現します。GUIで設定できるため、作成者本人以外でも理解しやすいシステムが構築可能です。

処理やアクションを実行するコマンド

 

Forguncyをはじめて使う人のための「対話型トレーニング」

 

Excelのファイル資産を可能な限り活用

見積書のような印刷を意識したExcelシートは、Webアプリケーションの画面となるページとしてインポートすることができます。また、顧客データのような整列した一連のデータを格納しているようなExcelシートは、アプリケーションのデータベースとなるテーブルとしてインポートすることができます。Excelのスキルだけでなく、既存のExcelファイル資産を余すところなく活用できるのが、Forguncyの大きな特徴です。

Excelを余すところなくインポート

 

Access/Excel資産の活用

エクセル資産とアクセス資産を活用してForguncyアプリケーションを作成する動画

 

無料で試せて、しかも90日間たっぷりと評価できる

90日間無料で使える評価版はこちらからダウンロード

Back to top