開発者向け解説記事

ForguncyはノーコードのWebアプリ開発ツールですが、プログラミング技術を持った人にとっては、逆にコードを書かずにどうやってアプリを実装するのか開発イメージがわかない方が多くいます。そこで、本連載ではForguncyのしくみや設定方法を具体的に紹介することで、Forguncyのアプリ開発手法のイメージを掴めるようにします。

見出しの装飾

開発者のためのノーコードツール解説

第1回

シンプルなToDoアプリ作成を作成し、Forguncyの画面作成とデータベース設定の基本を掴みます。

詳しく見る
第2回

ノーコードツールのForguncyで利用できるデータベースとテーブルの作成方法を説明します。

詳しく見る
第3回

取引先と商品、受注、受注明細の4つのテーブルを想定し、それぞれリレーションを設定する方法を紹介します。

詳しく見る
第4回

Forguncyで提供している画面UI部品の特長をまとめて概説します。

詳しく見る
第5回

Forguncyのリストビューが持つ様々な機能とその使い方について概説します。

詳しく見る
第6回

Forguncyのビュー機能を使用して仮想テーブルを作成し、保持しておく方法を紹介します。

詳しく見る
第7回

Forguncyで外部データベースのデータを活用する方法を紹介します。

詳しく見る
第8回

Forguncyで行うデータの登録・読出・更新・削除(CRUD)について概説します。

詳しく見る
第9回

ActiveReports搭載デザイナーで帳票を作り方について概説します。

詳しく見る
第10回

Forguncyでデータの集計を行う方法について解説します。

詳しく見る
第11回

日々の業務データの分析・活用を簡単にするピボットテーブルについて、店舗ごとの売上表を作成する想定で解説します。

詳しく見る