開発から運用までForguncy1つで

アプリ作成から運用までの流れ

アプリ作成から運用までの流れ

アプリを作る

Excelのように柔軟な画面デザイン

Excelのようにセルのマス目を方眼紙として利用できるので、セル結合や罫線を使って紙の伝票のようなレイアウトも思い通りに再現できます。

Excelと同じ操作性

細部の書式や条件書式、ショートカットキーに至るまで、使い慣れたExcelと同じ感覚で直感的に利用することができます。

Forguncyの自由度が高い画面デザイン

Excel関数が使える

Excelと同様に数式の中で関数を利用できます。Excelスキルの延長線上で本格的なデータベースアプリを構築できます。

Excel関数が使える

3種類の一覧表示形式

Excelライクな一覧

フィルタ操作やショートカットキーといった細部の操作性にもこだわった一覧。

Excelライクな一覧

ピボットテーブル

クロス集計表に加えて、データの入力が可能な入力シートによりシフト管理や工程管理が実現可能

ピボットテーブル

単票繰り返し表示

単票形式のレイアウトを繰り返し表示することが可能

単票繰り返し表示

多種多様なレイアウトの作成

タブやツリーメニュー、グラフやバーコードに至るまでなど様々なレイアウトや表現を標準機能で実現することができます。

多種多様なレイアウトの作成
ダッシュボード

Accessのように多彩なデータを連携

データベース機能を内蔵していることに加えて、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server等の外部データベースと接続ができます。また、DBに直接接続できない基幹システムやパッケージシステムを扱うためのCSV自動取り込みやそれらを結合して1つのビューとして扱うことも可能です。
*1 クラウドサービスとの連携には別途CData ODBCドライバの購入が必要です。

Accessのように多彩なデータを連携

帳票機能

固定帳票に加えて、可変明細帳票やページ毎にデザインが変わるマルチフォーム帳票を作成できます。日本の厳しい帳票案件に対応する機能により、PDFにレポートを出力することが可能です。

帳票一覧

プログラミングなしで開発

アプリケーションの動きや業務ロジックの定義にプログラミングは不要です。
ページの移動、条件指定によるデータの抽出、データの更新処理、データの入出力といったおうさは、マウス操作だけで設定できるコマンドで直感的に設定できます。COUNTIFやVLOOKUPといったExcelでおなじみの関数を使ってデータの条件抽出も集計もプログラミングの知識なしで実現できます。

Forguncyのコマンド画面

ワークフロー

ワークフロー

報告書や申請書を決められた手順に従って承認・決裁処理するためのワークフロー機能を提供しています。承認経路はユーザー単位、ロール、組織に対応。ワークフローの状態も業務に合わせて任意に設定することができます。アプリに直接電子申請の仕組みを組み込めるため、ワークフローの仕組みを別立てする必要がなく、リモートワーク環境においても、決裁をスピーディに行うことができます。

ワークフローの設定画面

Excel、Accessからの移行を支援

ForguncyはExcelシートのレイアウトだけでなく、Excelファイルとして蓄積してきた書類や台帳(帳簿)があれば、シート内のセルの値も業務データとしてデータベースに取り込めます。過去のExcel資産が活きたビジネス資産に変わります。
Accessファイルを読み込んで、データベースのテーブルとフォームをForguncyプロジェクトに再現できます。

Excel、Accessからの移行を支援

柔軟なカスタマイズ性

高度なシステム開発が求められる場合には、JavaScriptを用いた画面操作のカスタマイズやサーバー側で動作するプログラムを作成して、HTTPリクエストから呼び出すことも可能です。

アプリを運用する

管理ページ

アプリを運用するための専用の管理ページで運用できます。またアプリの運用はIIS や Apacheといった高度な知識を必要とするWebサーバーも不要です。

管理ページ

ユーザー認証とユーザーアカウント管理

アプリの利用者がログインできる認証の仕組みが提供されています。認証の方法には、Windows のログイン情報を使用する「Windows 認証」、Forguncyでユーザー情報を独自管理する「フォーム認証」、またActive Directry/Office 365/SAML(※)等の外部のアカウント管理情報を使用する認証プロバイダーの3つの方式がサポートされています。
CloudGate UNOによるシングルサインオンもサポートしています。

セキュアな通信

HTTPS プロトコルによるセキュアな通信が可能です。データ送信、データ閲覧は SSL 暗号化されるので、個人情報などの重要な情報を安全にやりとりすることができます。
※SSL サーバー証明書(pfx形式)が必要です。

バックアップ

運用を開始した後のアプリケーションのデータをバックアップとして自動保存することができます。
バックアップを行う期日のスケジュールを作成して定期バックアップも可能です。

機能一覧

動作環境

Forguncyで業務を改善しよう!

Back to top